野田ちほのOfficial Web Magazine

畑違いの米国公認会計士を目指したきっかけ

 

大学卒業後、英語を使って海外とつながる仕事がしたいと商社を志望。

氷河期でもあり、大手商社には入れず子会社の貿易専門商社に入社した。

 

子会社に就職したおかげか、事務職ながらも戦力として日々鍛えられ、

どんどん仕事も任され、3年目では先輩を率いるチームリーダーも任された。

5年目を迎え、ふと見ると将来に目指したいロールモデルが周りにいないことに気づく。

 

ある日、担当していた南米向け開発案件で保険の格付けが急に下がる事件が起こった。

財務状況の悪化である。財務諸表の数字を読める力の重要性を痛感するきっかけになった。

 

ふと隣の部署で、米国公認会計士(USCPA)を目指してる先輩がいるというのが

耳にはいってきた。当時の私は、まったく聞いたことのない資格だった。

 

なぜかビビッとアンテナが立ち、まずは英文会計入門から学んでみることにした。

英語力を活かした会計の専門職というのが、気に入った。

 

簿記もまったく知らないところから始め、せっかくなら英文簿記ではなく最上位を

目指したいという根拠のない野望がうまれた。

毎日終電で帰宅する生活だった私は、意を決して退職しUSCPAの勉強を始めたのだった。

 

入門から学び始め、USCPA本コースの財務会計に入っても、講義を聞いて暗号を読み上げて

いるようにしか聞こえず、お先真っ暗な気持ちになったものだ。

諦めずにチャレンジし続けたUSCPAは、4回目の試験でついに全科目合格できた。

 

今考えると、キッカケとは、とても不思議なもの。

偶然のアンテナをキャッチして、やってみることで人生の転機につながるのかもしれない。

 

みなさんも、同じような経験はありませんか?

Copyright© 2023 POLARIS JAPAN All Rights Reserved